ダチョウ倶楽部リーダーの娘「肥後千暁」が好き放題するオフィシャルHPです。

肥後千暁『元・二世タレント、主婦やってます』

婚活について

仕事と婚活〜婚活していることを仕事先など周りに隠すべき?〜

更新日:

こんにちは、ダチョウ倶楽部リーダーの娘の肥後千暁(ひごちあき)です。

今回の記事では、婚活をする上で周りに隠すべきかどうか、経験談を元に書いていこうと思います。

皆さんは、婚活することを周りに隠していますか?ちなみに、私の知る限り、職業によっては徹底的に婚活をしていることを隠す方もいれば(学校教師の方など)、それこそ友人や職場の上司にまで相談したり、オープンに活動をしている方もたくさんいました。

隠すべきか、オープンにするべきか....これは、私の失敗談も含めて、お話していきますね。

 

私の場合、婚活は友人にも職場でもオープンに話していた

芸能界引退後、私は正社員を目指して、小さなお店で動物関係のお仕事をしていました。

私自身、アルバイトながらも店長代理でもあったので、このお店を大きくするぞ!という目標を掲げ、スタッフ全員でプライベートも切り捨てて、働いていました。スタッフの年齢的には、みんな若くて10代~23歳くらいで、私は当時24歳でした。(職場では何故かおばさんポジションでした。未だに納得いかない。笑)

そのお店で、鬼のように働きながらも、音信不通の彼からの連絡をずっと待っていましたが、結局は破局。破局については下記の記事に詳しく書いてあります!↓

突然の別れ、そして決意。

こんにちは、ダチョウ倶楽部リーダーの娘の肥後千暁(ひごちあき)です。 今回の記事では、私の人生のキーポイントになった、元彼のお話です。 今まで、夢を追っちゃってる系男子や、完全頭いっちゃってる系男子と ...

それからと言うもの、よし!婚活するぞ!と、睡眠時間を削りながらの婚活の日々。ココ重要!:もちろんお仕事も変わらず頑張ってました。婚活を言い訳に何かを怠ったことなど1つもありません)

ちなみに、職場のスタッフは女の子だけでしたから、仕事終わりに女の子たちの恋話で盛り上がる中、私も婚活をしていることをガールズトークのように話していました

さて、問題はここ。

 

婚活をしていることが経営者の耳に入った

正直、どうでもいい事で経営者(男性)と揉めたことがありました。(っていうか言いがかりですね)厄介なことに、経営者に私が婚活をしていることが耳に入っていたのでしょう。(誰が言ったのでしょうね?まあ女の職場なんてそんなもんです。笑)その時、

 

経営者
君は婚活しているんでしょう?この店のことを第一に考えてないよね。みんな必死に頑張っているのに、一人だけ目標が違う。輪を乱しているのは君だ。この店の売り上げが低迷してるのも君が原因だ。

 

と言われてしまったんですね。
アルバイトですら、こんな言葉を投げかけられてしまうのです。一般企業でお勤めの女性は、もっと抱えてるものが大きいでしょう。ですから、私の経験上、婚活をしていることは、仕事先では一切言わないほうが無難だなと思いました。※女性に限ります。
そして、経営者から責められる中、ピチピチの10代の女の子からも

 

10代ピチピチ女子
肥後さんはここで働きたいんですか?結婚がしたいんですか?

 

と、キョトンとした顔で問いかけられ。笑

 

千暁
結婚して、子供が出来たら育児休暇が取れるくらいに、このお店を会社としても大きくしたいと思っていました。

 

と話しても、彼女や経営者には私の思いは届きませんでした。笑

女性は、結婚したらどうしても家庭優先にならざるを得ませんし、妊娠・出産も女性しかできません。

この、妊娠・出産があるため、雇う側も婚活している女性に対して嫌悪感を抱いたのだと思います。きっと、その職場にいた一緒に働いていた女の子たちも、自分も歳をとること、自分が30代・40代・50代になることを想像していないのだと思います。

でも、これだけは断言できます。どんなに美しくても、異性からチヤホヤされても、誰でも平等に歳をとりますし、外見も劣化します。そして体力の低下・仕事能力も若い子より下がりますから、今の環境や状況は永遠に続くことはありません。

だからこそ、多くの人は生涯のパートナーを望み、一緒に支え合いながら、幸せも悲しみも分かち合いたいと思うのでは?

そんなごく普通の幸せを望むことすら罪のような言い方をされて、とっても悲しくなりました。この店のためにプライドを捨てて頑張ってきたつもりでしたが、そんな評価をされていたのかと思うと、やるせなかったですね。

ちなみに、その経営者の言ったことをシンプルにまとめると、結婚したい人はうちの店で働くな」と言いたかったようです。もちろん、その他にもグチグチ言ってはいましたが、私にはその言葉があまりにも衝撃的過ぎたので、退職させていただきました。笑

こうして、退職してすぐに今の旦那様に出逢ったわけですね。うん、辞めてよかった。笑

 

男社会の現状

日本では、まだまだ女性の社会進出が厳しい環境だと私は思っています。そして、その理由ももちろん理解できます。(妊娠・出産は女性しか出来ないので)

だからこそ、私はアラサーになる前に芸能界を引退し、キッパリと仕事を諦め(そもそもバンドも成功していなかったので)、結婚の道を選びました。

もしかしたら、10年後にはもっと環境が変わっているのかもしれませんが、現時点では、仕事先では婚活は内密にするべきだと私個人は思います。もちろん、友人なら話して良いと思いますよ!その分、良い人紹介してね!と種をまいてチャンスを増やせるわけですから。

ちなみに、この1ヶ月後には大手の結婚相談所に就職が決まり、今もせっせと働いています。今の職場は、私に彼氏がいる事や、結婚を控えている事などを、むしろ応援してくれています。

今まで、恋人がいることを隠して働くことが多かったのですが(だって恋人がいると職場の男性が冷たく当たるので)皆さんに応援されると、私も会社に貢献したいなという気持ちに自然となりました。

これから婚活される女性のみなさん、私の経験上では、職場では婚活していることは秘密にしたほうがいいですよ!.....特に、男性には。笑

 

しかし、婚活していることをオープンにした方が良い場合もある

結婚相談所で勤務していて、私が実際に会員様から聞いた話で多かったのは『職場の社長or上司から紹介された人と交際・結婚することになりました』という声。特に、40代以上の女性・男性に多い声でした。

おそらく、女性の場合だと40歳以上で結婚した場合は、寿退社や妊娠して退職などをする確率が低いので、職場でも協力的になる場合が多いのでは?と感じました。

確かに、20代30代で友人が結婚していくのを見送る女性と、40代の友人が結婚するのでは、結婚を見送る側にとっては境が変わるでしょう。(20代・30代の女性が結婚したら、少なからず嫉妬してしまう女性や、わずかな下心を持っていた男性は心から祝福できないでしょう。)

ですから、職場や環境にもよりますが、自分が婚活をしていることをオープンにしてパートナーを見つけた方も多くいますので、”絶対に隠す必要がある”とは言い切れないもの事実ではあります。

 

婚活中、職場での無難な立ち位置とは

職場でデリカシーのない男性社員からよく聞かれること↓

 

デリカシーのない社員
彼氏いるの?

 

デリカシーのない社員
好きな人いるの?

 

デリカシーのない社員
じゃあ俺は?

 

超絶イケメンから言われたら、むしろ大歓迎ですが、大体は顔面からして無理な場合が多いですし、まずは鏡を見てからこういうこと言ってほしいですね。本当、こういうデリカシーのない男性多すぎます。こういうデリカシーのない男性社員には、

 

貴女
秘密です♪

 

でOKです。『じゃあ俺は?』に対しては、

 

貴女
お父さんに聞いてみますね!(冗談っぽく)

 

でOKです。笑 とにかく、相手には隙を与えないこと!こういうグイグイくる男性上司とかは、本当に面倒くさいです。とにかく、上手く立ち回りましょうね!

 

実は私、二世タレントの仕事をしつつも、色んな会社さんで働かせていただきました。中には、セクハラやパワハラ等も受けました。そのエピソード等も、機会があれば書いてみたいと思います!婚活中の女性、すべての方に幸あれ!

チキチキ
元2世タレント、ダチョウ倶楽部のリーダー「肥後克広」の長女「肥後千暁」です。
日本バラエティ界の伝統芸能"熱湯風呂"と"熱々おでん"で、すくすくと成長→若気の至りで夢を叶えるべくバンドを結成→七光りすることもなく解散→芸能界を引退→OL(大手結婚相談所へ勤務)→夫の仕事をダラダラと手伝いながら主婦を満喫中。
現在は芸能界を引退し、賑やかな家族と一緒に平和な毎日を過ごしています。

-婚活について

Copyright© 肥後千暁『元・二世タレント、主婦やってます』 , 2019 All Rights Reserved.